デジカル

本好きのための Amazon Kindle 読書術

発売日

2014年6月16日

内容紹介

電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

「読書が好き」という人にお聞きします。 紙の本じゃないと読書した気にならない、電子書籍はいまいちハードルが高い、Kindleをいまひとつ活用しきれていない、と思っている本好きはいませんか?

本書を読めば、電子書籍に感じる不安を1ミリも残さずスッキリします。

今さら人に聞けない電子書籍のあれこれやKindleの基礎知識から、隙間時間を使った読書法、読んだ後のアウトプット術までを著者が惜しみなく披露します。

Kindle PaperWhiteを愛用し、電子書籍勉強会を開催する著者の和田さんは、実質、これで読書量が2倍になりました。

そして、多読だけでは終わらず、出会った情報をしっかり自分のモノにし、記憶と記録を有効活用しています。

3日で1冊。
AmazonとKindleと読書。
確実に読み進められる6つの新・読書習慣術を身につけませんか。

明日からあなたの生活に本が手放せなくなるはず。
さあ、本を携帯して外に出よう!

**本書は電子出版を楽しむためのブログメディアpubliss(http://www.publiss.jp/)に掲載された記事を再編集したものです。

販売書店

AmazonKindle

目次

はじめに 〜電子書籍による多読のすすめ

第1章 Kindleと電子書籍の基礎知識
1—1端末はどれがいい? 意外と知らない端末の選び方
読書好きでも誤解の多い電子書籍
身近なところで使い勝手のいい端末を選ぶ
Kindleのジャンルと端末には相性がある
結局、どの端末を選ぶべきか?
〈コラム〉意外とわからない!? iPhoneからKindleを購入する方法

1—2どうやって本を見つけるか
本を見つける前に! Kindleの3つのルーツ
買ってがっかりしない! 目当ての本を見つける5つのチェックポイント

1—3Kindleの普及で広がる電子書籍マーケット
『「Chikirinの日記」の育て方』の衝撃
著者と読者が直接つながる電子書籍
入口としての電子書籍、出口としての電子書籍

第2章 KindleはAmazonのクラウドサービスだ!
2—1Kindleなら蔵書管理もサクサクできる
端末の容量が一杯になっても大丈夫!?
蔵書の管理はMy Kindleで
購入したKindleとアップデート

2—2ハイライト機能で手軽にアウトプット
Kindleのハイライト機能
ハイライトをSNSでつぶやく
ハイライトの別の活用法

2—3お得な情報を逃さない! セールの活用法
Kindleで本をレンタルする
Kindleのセール情報をゲットする
Kindleの買いどき

第3章 ソーシャルメディア時代のアウトプット読書術
3—1忙しくても読める。隙間時間で読書
紙の本では難しかった読書量を飛躍的に増やすコツ
敬遠しがちな本こそKindleで読むほうがいい理由
ゼロかイチかの発想では読書量は増やせない
紙の本やオーディオブックと組み合わせる
〈コラム〉読書を習慣化する6つの方法

3—2読んだだけでけでは終わらせない。アウトプット活用法
メディアマーカーを使った読書記録
〈コラム〉メディアマーカーを活用してKindle情報を獲得する
Evernoteを使った読書記録
メディアマーカーとEvernoteを連携させた読書記録
〈コラム〉どこの読書系サービスを利用するか

3—3マインドマップとKindleで読書記録をまとめてみる
マインドマップとは
マインドマップで書籍の内容をまとめる方法
Kindleのハイライトとマインドマップ
マインドマップはデジタルかアナログか
〈コラム〉マイントマッフの基本を押さえる

おわりに 〜読書でしか出会えない情報がある

著者プロフィール

和田 稔(わだ みのる)

ブロガー/ITエンジニア。ロスジェネ世代の新しいワークスタイルを模索するブログ「モンハコ~問題の8割はコミュニケーション」(http://mon8co.com/)を主宰。ブログでは、書評、ライフハック、心理学、iPhoneなどの話題を中心に更新中。Kindle PaperWhiteを愛用し、電子書籍の素晴らしさを伝えるためKindleの活用法に関する勉強会も開催している。

 

ページ
TOPへ